1Screen ワンスクリーン
このページにはプロモーションが含まれています

『オッペンハイマー』の無料動画配信・サブスク情報・評価と感想・あらすじ

オッペンハイマー
見たい
記録する
オッペンハイマー
2023年・洋画
4.4

『オッペンハイマー』の動画を無料で配信しているサブスクは?

現在『オッペンハイマー』の動画を配信中のサービスはありません。
※このページは2024年2月19日にワンスクリーン編集者により更新されました。

配信予定のないサービス

TSUTAYA DISCAS
U-NEXT
DMM TV
Hulu
ディズニープラス
Lemino
ビデオマーケット
dアニメストア
Amazon プライム・ビデオ
ABEMAプレミアム
 TSUBURAYA IMAGINATION
FODプレミアム
Netflix
TELASA
クランクイン!ビデオ
music.jp
WOWOWオンデマンド
WATCHA
Rakuten TV
Google Play
Apple TV+
ザ・シネマ
JAIHO
みるアジア
DOKUSO映画館
ミレール
ひかりTV
milplus
バンダイチャンネル
アニメフェスタ
Apple TV ストア
YouTube
TVer
AD

『オッペンハイマー』はどんな作品?

『オッペンハイマー』は2023年の洋画です。

原題

Oppenheimer

カテゴリー

再生時間

3時間0分

製作国公開年

2023年

日本公開日

2024年3月29日

製作国

アメリカ

オリジナル言語

英語

『オッペンハイマー』の解説

「原子爆弾の父」と呼ばれたロバート・オッペンハイマー。彼は学生時代から原子爆弾について興味を持ち、のちに開発や史上初の核実験にも携わってきた。そんな彼の生涯を製作費1億ドルを投じて製作した。この作品を手がけたクリストファー・ノーランは「インターステラー」で知られる監督。アメリカでは4億ドルの興行収入を得て歴史的大ヒットを記録しているが、センシティブな内容でもあり日本では劇場公開されていない。 ■見どころ ①オッペン・ハイマーについて深く知ることで、歴史についての理解を深められる。 ②彼でも自分の作った兵器の被害に、胸が痛んでいた。それを知れただけでも救われる思いがする。 ③悲惨な出来事を繰り返してはならないと強く思える。今後も世界平和を願ってやまないだろう。

『オッペンハイマー』のあらすじ

1954年核兵器技術の情報漏洩を疑われ、アメリカの理論物理学者ロバート・オッペンハイマーは公聴会で追及を受けていた。この密室では原爆の開発に携わった彼に、このまま国家機密へのアクセスを承認していいかが問われていた。時は戻り、1926年。ハーバード大学を優秀な成績で卒業した彼は、ニールス・ボーアと出会ったケンブリッジ大学に留学したのち、ドイツのゲッティンゲン大学に留学する。1929年に博士号を取得しアメリカに帰国。カリフォルニア大学バークレー校などで教鞭を振っていたが、自身の研究を通じてナチスよりも早く原子爆弾の実現に成功すると感じていた。

『オッペンハイマー』の予告編動画

【本予告】『オッペンハイマー』3月29日(金)、全国ロードショー

『オッペンハイマー』の感想レビュー・評価

4.412件の評価
あなたのレビューを投稿しませんか?

ユーザー サムネイル
おおの2024年4月9日好き
IMAXで鑑賞。オッペンハイマーの葛藤や苦悩を描くシーンではその臨場感は凄まじく、IMAXで正解だと感じた。 複数の時間軸を行き来する構成で、登場人物も多いため、ノーラン映画の例に漏れずストーリーは難解。だが会話劇を中心に、まさにオッペンハイマーという一人の人間の半生を3時間に詰め込んでおり、最後まで飽きずに見入ることができた。 また、「はだしのゲン」であれだけ悍ましく描かれていた爆炎とキノコ...
続きを読む
IMAXで鑑賞。オッペンハイマーの葛藤や苦悩を描くシーンではその臨場感は凄まじく、IMAXで正解だと感じた。 複数の時間軸を行き来する構成で、登場人物も多いため、ノーラン映画の例に漏れずストーリーは難解。だが会話劇を中心に、まさにオッペンハイマーという一人の人間の半生を3時間に詰め込んでおり、最後まで飽きずに見入ることができた。 また、「はだしのゲン」であれだけ悍ましく描かれていた爆炎とキノコ雲が、本作のトリニティ実験のシーンではとても美しく情景的な演出で、日本と世界の原爆に対する認識の違いを改めて感じた。 やはり世界にとっては原爆は「戦争を終わらせたもの」で、ある意味平和をもたらした存在なのである。 本作では、その平和と同時に、原爆を生み出したことで新たな核兵器を生み続ける世界に変えてしまったというオッペンハイマーの苦悩を、生々しく辿っている。

ユーザー サムネイル
bali2024年4月1日好き
この感想はネタバレを含みます。
続きを読む
去年宣伝のごたごたがあり、日本での公開が危ぶまれていたけどあらためてこの作品が公開されて良かったと思う。広島・長崎への原爆投下という結果を知りつつ、原爆が作られる過程をまざまざと見せられるのは、精神的にきついものがあった。死者の数や被害状況の説明はあるけど、実際の悲惨な被爆地の状況が描かれないのは少し腑に落ちないところもあり。映画の構成は、やはりノーランという感じで一直線ではなく、時系列を複雑にして物語の起伏を作ったり、序盤のアインシュタインとオッペンハイマーの会話を終盤に収束させたりと、最後まで飽きさせない力がある

ユーザー サムネイル
間真生2024年3月30日すごく好き
第二次世界大戦中、ナチスドイツより先に原爆を開発すべく立ち上げられた「マンハッタン計画」。これを主導した、のちに「原爆の父」と呼ばれることになるオッペンハイマーの半生を描いた作品。 もちろん原爆開発が物語の主軸を担っていますが、その前半の彼の人生は物理学者として純粋な「好奇心」と「探求心」で彩られており、彼が出会った物理学者たちも錚々たる面々で、現代物理学史の縮図のようでもあります。 その現代物理...
続きを読む
第二次世界大戦中、ナチスドイツより先に原爆を開発すべく立ち上げられた「マンハッタン計画」。これを主導した、のちに「原爆の父」と呼ばれることになるオッペンハイマーの半生を描いた作品。 もちろん原爆開発が物語の主軸を担っていますが、その前半の彼の人生は物理学者として純粋な「好奇心」と「探求心」で彩られており、彼が出会った物理学者たちも錚々たる面々で、現代物理学史の縮図のようでもあります。 その現代物理学が、集大成として完成させてしまったのが「原子爆弾」。いわばこの作品はオッペンハイマー独りの苦悩ではなく、現代物理学の功罪について描いたものといえます。 広島県人としては、広島と長崎に原爆を投下することになった経緯やそれを決める会話を聞いているだけで吐き気がするほど嫌な気持ちにはなります。劇中に投下後の被害状況を示す映像がないことも批判の対象にはなっていますが、これについてはノーラン監督の映画の表現方法は正しかったと思わざるを得ません。しかしこの作品を観る機会を得たなら、ぜひ広島・長崎を訪れて実際の被害状況を見て知ってほしいと切実に思います。

ユーザー サムネイル
Hana2024年3月29日すごく好き
「面白い」より「見てよかった」となる作品。原爆という大きな視点とオッペンハイマーという小さな視点が重なったり離れたり。 オッペンハイマーは「世界を変えてしまったもの」として自罰的すぎるような気もするが、だからこそ彼の「栄光と没落」が際立っていた。どんな偉人であっても、歴史の舞台からいつかは下りる(下される)という盛者必衰を地で行く展開。 終始、考えろと言われ続ける最高の3時間だった。
「面白い」より「見てよかった」となる作品。原爆という大きな視点とオッペンハイマーという小さな視点が重なったり離れたり。 オッペンハイマーは「世界を変えてしまったもの」として自罰的すぎるような気もするが、だからこそ彼の「栄光と没落」が際立っていた。どんな偉人であっても、歴史の舞台からいつかは下りる(下される)という盛者必衰を地で行く展開。 終始、考えろと言われ続ける最高の3時間だった。

ユーザー サムネイル
やもり2023年11月10日好き
原爆の父と呼ばれる彼の半生を描いた作品。日本人としては色んな意味で気になる題材だった。研究者として難しい話題が多く、見ごたえのある内容だった。映像や音響に力を入れていて迫力がとてもあった。この作品を観た人には、原爆がどう影響をもたらしたのか、ぜひ他の作品も併せて観て考えを深めてほしい。
原爆の父と呼ばれる彼の半生を描いた作品。日本人としては色んな意味で気になる題材だった。研究者として難しい話題が多く、見ごたえのある内容だった。映像や音響に力を入れていて迫力がとてもあった。この作品を観た人には、原爆がどう影響をもたらしたのか、ぜひ他の作品も併せて観て考えを深めてほしい。

ユーザー サムネイル
YSMNMNZM2023年11月7日好き
原爆の父と呼ばれた物理学者のロバート・オッペンハイマーを描いた作品。日本人として痛ましい描写の数々に、胸がじんわり痛くなった。彼が原爆を作っていたことは確かだが、その原爆が日本に与えた影響を思い知ったことで、新たな開発を反対したことは、日本人としても誇らしい人だなと思った。
原爆の父と呼ばれた物理学者のロバート・オッペンハイマーを描いた作品。日本人として痛ましい描写の数々に、胸がじんわり痛くなった。彼が原爆を作っていたことは確かだが、その原爆が日本に与えた影響を思い知ったことで、新たな開発を反対したことは、日本人としても誇らしい人だなと思った。

ユーザー サムネイル
にびいろ2023年11月4日すごく好き
映画はオッペンハイマーの多面的な性格に焦点を当てつつ、彼を取り巻く人々、赤狩りやスパイ疑惑による陰謀が物語の中心となっています。オッペンハイマーが「原爆」を生み出す過程やその後の道徳的な葛藤に焦点を当てており、観客に深く考えさせる作品となっています。広島と長崎への原爆投下には直接触れず、その代わりにオッペンハイマーの恐怖と後悔を通じて原爆の恐ろしさを伝えています。
映画はオッペンハイマーの多面的な性格に焦点を当てつつ、彼を取り巻く人々、赤狩りやスパイ疑惑による陰謀が物語の中心となっています。オッペンハイマーが「原爆」を生み出す過程やその後の道徳的な葛藤に焦点を当てており、観客に深く考えさせる作品となっています。広島と長崎への原爆投下には直接触れず、その代わりにオッペンハイマーの恐怖と後悔を通じて原爆の恐ろしさを伝えています。

ユーザー サムネイル
幽幻童士2023年9月6日好き
世界で唯一の被爆国である日本においては、やはり一度は観ておきたい、そんな風に思わせる凄味がある。原爆を作ったオッペンハイマー博士の「原爆を作るまでの開発者ハイ」と「原爆が落とされた後の罪悪感」の2つが、クリストファー・ノーラン監督お得意の時間軸が混在する作りによって、丁寧に描かれています。
世界で唯一の被爆国である日本においては、やはり一度は観ておきたい、そんな風に思わせる凄味がある。原爆を作ったオッペンハイマー博士の「原爆を作るまでの開発者ハイ」と「原爆が落とされた後の罪悪感」の2つが、クリストファー・ノーラン監督お得意の時間軸が混在する作りによって、丁寧に描かれています。

ユーザー サムネイル
kaeru732023年9月9日すごく好き
2023年公開の戦争映画。ロバート・オッペンハイマーは理論物理学者で、世界初の原子爆弾を開発者。『原爆の父』という呼び方もされる彼の生涯を、『メメント』や『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督が史実に実に忠実に、かつ、独自の解釈による切り取りかたも加えて描き出した。唯一の被爆国である日本で、そして原子爆弾が落とされ、終戦を迎えた8月。深い思いを持って見るべき映画であると思う。人類の好奇...
続きを読む
2023年公開の戦争映画。ロバート・オッペンハイマーは理論物理学者で、世界初の原子爆弾を開発者。『原爆の父』という呼び方もされる彼の生涯を、『メメント』や『インターステラー』のクリストファー・ノーラン監督が史実に実に忠実に、かつ、独自の解釈による切り取りかたも加えて描き出した。唯一の被爆国である日本で、そして原子爆弾が落とされ、終戦を迎えた8月。深い思いを持って見るべき映画であると思う。人類の好奇心と探求を抑える事は出来ない。けれど、その叡智の炎を兵器として開発するという事は何を意味するのか。オッペンハイマーの視点を通して、日本人は何を思うのか、衝撃を受け止めて見なくてはならない。

ユーザー サムネイル
toniku2023年9月5日好き
原子爆弾の開発に関わった原子物理学者であるロバート・オッペンハイマーの人生を追った伝記的映画。彼の開発が結果的に広島や長崎への原子爆弾投下につながったことを考えると、複雑な気持ちになった。原子爆弾の恐ろしさを改めて感じさせる作品で、第二次世界大戦時の悲劇的な出来事を風化させないためにも、ぜひ鑑賞すべき作品だと思う。
原子爆弾の開発に関わった原子物理学者であるロバート・オッペンハイマーの人生を追った伝記的映画。彼の開発が結果的に広島や長崎への原子爆弾投下につながったことを考えると、複雑な気持ちになった。原子爆弾の恐ろしさを改めて感じさせる作品で、第二次世界大戦時の悲劇的な出来事を風化させないためにも、ぜひ鑑賞すべき作品だと思う。

ユーザー サムネイル
shiki652023年9月10日すごく好き
これだけの大作映画の後半を会話劇にしてしまうというのはクリストファー・ノーラン監督にしか出来ない冒険だと思った。オッペンハイマーの苦悩もしっかり描かれていたが、それ以上に原爆実験のシーンのインパクトが凄過ぎて言葉が続かない。しかし本作が未だ日本公開未定というのは倫理的な問題があるにせよ、色々な意味で不幸なことなのではないだろか。
これだけの大作映画の後半を会話劇にしてしまうというのはクリストファー・ノーラン監督にしか出来ない冒険だと思った。オッペンハイマーの苦悩もしっかり描かれていたが、それ以上に原爆実験のシーンのインパクトが凄過ぎて言葉が続かない。しかし本作が未だ日本公開未定というのは倫理的な問題があるにせよ、色々な意味で不幸なことなのではないだろか。

ユーザー サムネイル
吉村進一2023年9月15日好き
クリストファー・ノーラン監督が、大量破壊兵器を生み出し「原爆の父」と呼ばれたオッペンハイマー氏を描いた作品。日本での公開は難しいと言われていますが、私は支持します。演出・映像・音楽はさすがノーラン監督。オッペンハイマー氏の後悔や苦悩などが、心に迫ってくる音楽とともに表現されています。徐々に精神を蝕まれていく様をじわじわと描かれており、一人の人間としての焦燥感を、リアルに感じられました。原爆のシーン...
続きを読む
クリストファー・ノーラン監督が、大量破壊兵器を生み出し「原爆の父」と呼ばれたオッペンハイマー氏を描いた作品。日本での公開は難しいと言われていますが、私は支持します。演出・映像・音楽はさすがノーラン監督。オッペンハイマー氏の後悔や苦悩などが、心に迫ってくる音楽とともに表現されています。徐々に精神を蝕まれていく様をじわじわと描かれており、一人の人間としての焦燥感を、リアルに感じられました。原爆のシーンは迫力がありました。おもしろいとはまた違う感想でしたが、日本人としても観てもらいたい一作。

『オッペンハイマー』はNetflixやAmazon プライム・ビデオで配信している?

動画配信サービス
配信状況
Netflix
Netflix
配信なし
Amazon プライム・ビデオ
Amazon プライム・ビデオ
配信なし
残念ながら、『オッペンハイマー』のフル動画は、現在Netflix、Amazon プライム・ビデオでも配信されていません。配信開始がいつからなのかもまだ判明していません。ワンスクリーンに会員登録(無料)すると、気になる作品の最新の動画配信情報をかんたんにチェックできます!

『オッペンハイマー』をDailymotionやYouTube , bilibiliなどで視聴するのはやめよう

もしDailymotionやYouTube、bilibiliなどの動画共有サービスで『オッペンハイマー』がアップロードされていたとしても、視聴するのはやめましょう。まず、違法にアップロードされたのものと知りながらダウンロードをすることは違法です。 また、その映像が有償のものと知りながらダウンロードした場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)が課せられます。さらに、ウイルス感染するリスクもあるため、正規の動画配信サービスを利用した方が良いでしょう。無料のお試し期間を設けている動画配信サービスもあるので、その期間を利用して視聴するのが1番安全でお得です。参考 : 「ちょっと待って!そのダウンロード、違法かも?」(文化庁作成)
AD

動画配信サービスを詳しく解説

各サービスの気になるポイントを解説