1Screen ワンスクリーン
このページにはプロモーションが含まれています

『十二人の怒れる男』の無料動画配信・サブスク情報・評価と感想・あらすじ

十二人の怒れる男
見たい
記録する
十二人の怒れる男
1957年・洋画
4.5
本日から7月22日まで無料!
無料
Amazon プライム・ビデオ
今すぐAmazon プライム・ビデオで観る
『十二人の怒れる男』を観るならAmazon プライム・ビデオがおすすめです。Amazon プライム・ビデオでは、本作を見放題配信中です。初回登録時なら無料で視聴することができます。

『十二人の怒れる男』無料動画配信・サブスク情報

※このページは2024年6月22日にワンスクリーン編集者により更新されました。

配信予定のないサービス

U-NEXT
DMM TV
Hulu
ディズニープラス
Lemino
dアニメストア
ABEMAプレミアム
 TSUBURAYA IMAGINATION
FODプレミアム
Netflix
TELASA
クランクイン!ビデオ
music.jp
WOWOWオンデマンド
WATCHA
Rakuten TV
Google Play
Apple TV+
ザ・シネマ
JAIHO
みるアジア
DOKUSO映画館
ミレール
ひかりTV
milplus
バンダイチャンネル
アニメフェスタ
Apple TV ストア
YouTube
TVer

『十二人の怒れる男』の動画を無料で配信しているサブスクは?

『十二人の怒れる男』の動画を配信しているサブスクはAmazon プライム・ビデオ , TSUTAYA DISCAS , ビデオマーケットです。
またAmazon プライム・ビデオ , TSUTAYA DISCAS , ビデオマーケットなら、トライアル期間を利用して無料で『十二人の怒れる男』を楽しむことが出来ます。
AD

『十二人の怒れる男』はどんな作品?

『十二人の怒れる男』は1957年の洋画です。

原題

12 Angry Men

カテゴリー

再生時間

1時間37分

製作国公開年

1957年

日本公開日

1959年8月1日

製作国

アメリカ

オリジナル言語

英語

『十二人の怒れる男』のあらすじ

ニューヨークで17歳の少年が実の父を刺殺した事件の裁判。12人の陪審員たちは評決を下すために陪審室に集まった。誰の目から見てもその少年の有罪は明らかで、陪審員たちは早く審議を終わらせて家に帰ることを考えていた。しかし、そこにただ1人第8番陪審員の男だけが彼が無罪だとする意見を出したのである。審議を終わらせるには12人全員が同じ評決を下さなければならないため、男たちはその陪審員の主張に耳を傾けることになった。彼にはこの事件には先入観によって見落としている点があるように思われるので、今一度全ての証拠を見直すことを提案した。初めは訝しがっていた他の陪審員たちも、彼の筋道立てられた推理に少しずつ意見を変えていくのだった。

『十二人の怒れる男』の感想レビュー・評価

4.565件の評価
あなたのレビューを投稿しませんか?

ユーザー サムネイル
まつり2017年5月13日すごく好き
なんて言ったらいいかよくわからないけど、この映画に登場した人たちが今日もどこかで生きていそうな感じ。弁護士仕事しろ
なんて言ったらいいかよくわからないけど、この映画に登場した人たちが今日もどこかで生きていそうな感じ。弁護士仕事しろ

ユーザー サムネイル
えいじ2017年3月5日すごく好き
名作はやっぱり名作なんだなシリーズ(勝手に) 想像以上でした。文句なしの星5!
名作はやっぱり名作なんだなシリーズ(勝手に) 想像以上でした。文句なしの星5!

ユーザー サムネイル
ちくわぶ2016年11月23日すごく好き
三谷幸喜の『12人の優しい日本人』を観てからオリジナルのこっちに。 強い眼差しに光が映り込むシーンが印象に残った。
三谷幸喜の『12人の優しい日本人』を観てからオリジナルのこっちに。 強い眼差しに光が映り込むシーンが印象に残った。

ユーザー サムネイル
Daiki Kinoshita2016年11月18日好き
1957.公開 監督、シドニー・ルメット 密室劇の楽しさは確かにあったが、 ストーリーの転がり方が強引な気がして少し納得いかない点があった。
1957.公開 監督、シドニー・ルメット 密室劇の楽しさは確かにあったが、 ストーリーの転がり方が強引な気がして少し納得いかない点があった。

ユーザー サムネイル
furu022016年8月30日好き
なるほどって感じ。正直なんでこれがそんなに評価高いのか?とも思ったけど、少しずつ周りに流されて意見を変えてゆく人々の様が面白いってことなのかな。所詮その人の意見、考えなんてものはそんなもんなんだなと思った。シンプルながら深みのある作品。
なるほどって感じ。正直なんでこれがそんなに評価高いのか?とも思ったけど、少しずつ周りに流されて意見を変えてゆく人々の様が面白いってことなのかな。所詮その人の意見、考えなんてものはそんなもんなんだなと思った。シンプルながら深みのある作品。

ユーザー サムネイル
Nana K2016年3月7日好き
キャラクター設定が見事で何度観ても楽しめる映画
キャラクター設定が見事で何度観ても楽しめる映画

ユーザー サムネイル
HM world-traveller2016年1月31日すごく好き
言わずと知れた名作中の名作にして、法廷ものを代表する映画であり、シドニー・ルメット監督の処女作。同監督作品を全部観ているわけじゃないけれど間違いなくこれが最高傑作だと思う。 第1級殺人容疑で起訴された17歳の少年について12名の陪審員が審議し有罪か無罪かの結論を出す。結論は全員一致でなければならない。目撃証言・状況証拠は少年に不利なものばかり。彼らが出した結論とは? 終始1つの部屋で繰り広げら...
続きを読む
言わずと知れた名作中の名作にして、法廷ものを代表する映画であり、シドニー・ルメット監督の処女作。同監督作品を全部観ているわけじゃないけれど間違いなくこれが最高傑作だと思う。 第1級殺人容疑で起訴された17歳の少年について12名の陪審員が審議し有罪か無罪かの結論を出す。結論は全員一致でなければならない。目撃証言・状況証拠は少年に不利なものばかり。彼らが出した結論とは? 終始1つの部屋で繰り広げられる12人の男達の会話劇。音楽も無く 凝った映像もなく 登場人物も場所も同じで 議論だけの映画がこれほどまでにおもしろいとは!会話内容や着眼点もなるほどだし、12人もいればどういう思考性格の人間か不明な者が1人や2人いても不思議じゃないのに誰1人として抜け落ちず描写されているのも素晴らしい。 本作を観ると ・人がいかに局所的な物の見方をしているか ・判断が先入観・偏見・感情に左右されやすいか ・自己利益にならないことには冷たいか ということを思い知らされる。 どんなに完璧な法律や原理原則を整備しても、その適用は人間なので私情や偏見、人為的なミスの可能性を排除することはできない。本作の被告は辛い少年時代を過ごしてきた17歳だが、これが強面の大男だったら?黒人だったら?移民だったら?歴史的な負の感情や特別な地域感情を伴う対象だったら? 果たして同じように議論が進んだだろうか。圧倒的多数意見と自分の意見が異なる場合、安易に同調せずに問題提起したり躊躇せずに意見を言えるのだろうか。 そう考えると、陪審制度や裁判員制度は一般市民の常識や価値観を反映する意義がある一方でリスクやデメリットも多いと思わざるを得ない。本作の内容からは離れるが、見るな聞くなと言われても生活上 目や耳に入ってくる世論に影響される可能性も否定できない。 今もなお色褪せない本作が1957年作というのには素直に驚く。監督・制作・脚本始め当時の関係者に拍手喝采したい。

ユーザー サムネイル
ジョン2015年8月6日すごく好き
裁判員の有り方にスポットをあてた面白い作品
裁判員の有り方にスポットをあてた面白い作品

ユーザー サムネイル
松永悟志2015年7月22日すごく好き
そーだよ! 簡単に決めるなんてナンセンスだよ☆ つきつめよーぜ! こういうセンスが欲しい!
そーだよ! 簡単に決めるなんてナンセンスだよ☆ つきつめよーぜ! こういうセンスが欲しい!

ユーザー サムネイル
You_nyaa2015年7月2日すごく好き
短い映画なのに一人一人が個性に溢れてて見分けがつく。 次々に無罪に変わっていく様は気持ちがいい。 アメリカ映画のヒーロー部門に陪審員8がノミネートされたみたい。確かにカッコ良かった。
短い映画なのに一人一人が個性に溢れてて見分けがつく。 次々に無罪に変わっていく様は気持ちがいい。 アメリカ映画のヒーロー部門に陪審員8がノミネートされたみたい。確かにカッコ良かった。

ユーザー サムネイル
Raska2015年6月29日すごく好き
お恥ずかしながら白黒映画を初めて観た(見たことはあった)のですが、バージンでこの作品に出会えたのは非常に幸運だったと思います。 内容は皆様書かれてますので改めて記すことは特にありませんが、個人的には真実はGUILTYだったのではないかな、と。
お恥ずかしながら白黒映画を初めて観た(見たことはあった)のですが、バージンでこの作品に出会えたのは非常に幸運だったと思います。 内容は皆様書かれてますので改めて記すことは特にありませんが、個人的には真実はGUILTYだったのではないかな、と。

ユーザー サムネイル
重光太郎2015年5月27日好き
予算をかけなくても良い映画はある
予算をかけなくても良い映画はある

ユーザー サムネイル
Tetsuya Tanoue2015年5月20日好き
名前だけは知っていましたが、なかなか観る機会がない作品で、世間一般に名作というので、逆に期待せずに観たら本当に名作でした。
名前だけは知っていましたが、なかなか観る機会がない作品で、世間一般に名作というので、逆に期待せずに観たら本当に名作でした。

ユーザー サムネイル
Rina2015年5月9日すごく好き
学校の授業でみたけど、最後までドキドキしながら観れた。
学校の授業でみたけど、最後までドキドキしながら観れた。

ユーザー サムネイル
闇とっとり2015年3月27日すごく好き
脚本だけで映画はおもしろくなる見本だと思う。邦画はこの路線を目指した方がいいのでは。
脚本だけで映画はおもしろくなる見本だと思う。邦画はこの路線を目指した方がいいのでは。

ユーザー サムネイル
奥 谷2015年3月16日すごく好き
シンプルで面白かった。狭い部屋で繰り広げられる話し合いだが、逆に脚本の面白さが際立っていたのかな。気温の暑さや人の熱さが伝わる臨場感がつねにあり、モノクロだということも途中でまったく気にならなくなる。
シンプルで面白かった。狭い部屋で繰り広げられる話し合いだが、逆に脚本の面白さが際立っていたのかな。気温の暑さや人の熱さが伝わる臨場感がつねにあり、モノクロだということも途中でまったく気にならなくなる。

ユーザー サムネイル
コナガイ2015年2月23日好き
相手の意見を聞かない人はイライラする。 場所が変わらなくても面白い。
相手の意見を聞かない人はイライラする。 場所が変わらなくても面白い。

ユーザー サムネイル
なぶ2015年2月5日すごく好き
白黒を付ける話ではなく「疑わしきは罰せず」の基本精神に則ったグレーの可能性を問う話。 父親殺しの少年の審議をする非常にシンプルな話でありながら全く飽きさせない。12人の男はどこにでもいる人間だが、一人一人キャラが立っていてこんがらがることがない。 息が詰まるような空気感と俳優の演技、緻密な脚本と完璧な作品だった。日本人は一度は観るべきかもしれない
白黒を付ける話ではなく「疑わしきは罰せず」の基本精神に則ったグレーの可能性を問う話。 父親殺しの少年の審議をする非常にシンプルな話でありながら全く飽きさせない。12人の男はどこにでもいる人間だが、一人一人キャラが立っていてこんがらがることがない。 息が詰まるような空気感と俳優の演技、緻密な脚本と完璧な作品だった。日本人は一度は観るべきかもしれない

ユーザー サムネイル
おーば2015年1月13日すごく好き
密室で繰り広げられる陪審員の話し。 有罪判決賛成11人、無罪判決(有罪に確証持てない)賛成1人からどんどん逆転していく様は迫力満点。
密室で繰り広げられる陪審員の話し。 有罪判決賛成11人、無罪判決(有罪に確証持てない)賛成1人からどんどん逆転していく様は迫力満点。

ユーザー サムネイル
あやみ2014年12月16日すごく好き
密室劇の金字塔!その通り! 父親殺しの容疑にかけられた少年の判決を議論する12人の陪審員。 全員一致で有罪だと思ったはずが、1人の無罪から事件を紐解き直していく。 戯曲読んで、舞台見て、映画も見ましたけどどれも良かったです。 彼らの演技やセリフで裁判や事件を想像し、新たに起きる疑問や発見がハラハラワクワクさせます。 気持ちの良い作品だと思います。 ちなみに三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」もオ...
続きを読む
密室劇の金字塔!その通り! 父親殺しの容疑にかけられた少年の判決を議論する12人の陪審員。 全員一致で有罪だと思ったはずが、1人の無罪から事件を紐解き直していく。 戯曲読んで、舞台見て、映画も見ましたけどどれも良かったです。 彼らの演技やセリフで裁判や事件を想像し、新たに起きる疑問や発見がハラハラワクワクさせます。 気持ちの良い作品だと思います。 ちなみに三谷幸喜さんの「12人の優しい日本人」もオススメです!

ユーザー サムネイル
ロンドベル2014年11月16日すごく好き
サスペンス 陪審制度 監督:シドニー・ルメット 名作♪ シーンは、ほぼ一室だけ。現場状況のカットなどない。とてもシンプルだけど、いい。
サスペンス 陪審制度 監督:シドニー・ルメット 名作♪ シーンは、ほぼ一室だけ。現場状況のカットなどない。とてもシンプルだけど、いい。

ユーザー サムネイル
southpumpkin2014年10月16日すごく好き
昔舞台で観たのですが、その時の感動が深かったせいで映画の鑑賞を避けていました。素晴らしい名作であるのは知っていましたよ!早く観れば良かった。 12人の陪審員が殺人の容疑のかかった少年が有罪か無罪か話し合います。最初は1:11だった無罪有罪の比率が徐々にひっくり返っていくのが見事。既成概念や経験によって見えなくなった真実があるのではないか、というメッセージは普遍的です。また真実を明らかにしていく課程...
続きを読む
昔舞台で観たのですが、その時の感動が深かったせいで映画の鑑賞を避けていました。素晴らしい名作であるのは知っていましたよ!早く観れば良かった。 12人の陪審員が殺人の容疑のかかった少年が有罪か無罪か話し合います。最初は1:11だった無罪有罪の比率が徐々にひっくり返っていくのが見事。既成概念や経験によって見えなくなった真実があるのではないか、というメッセージは普遍的です。また真実を明らかにしていく課程が実験と考察を繰り返すというもので、文系映画ですが理系の方にも観てもらって良いのでは無いでしょうか。 素晴らしいシナリオにより、人物の名前が不明である上に12人もいるにも関わらず物語を追えば完璧に人物の見分けが付きます。凄い映画だなあ。

ユーザー サムネイル
Haruka Fukuda2014年10月12日好き
古き良き裁判映画 ほとんどひと部屋だけのシーンでただただ12人の討論を観る映画だけど、そのシンプルな設定でこんなにも楽しく観られます ゴチャゴチャしてなくていいんです
古き良き裁判映画 ほとんどひと部屋だけのシーンでただただ12人の討論を観る映画だけど、そのシンプルな設定でこんなにも楽しく観られます ゴチャゴチャしてなくていいんです

ユーザー サムネイル
hitomi2014年10月11日すごく好き
素晴らしいね 何もなくただ一室で猟奇的でもない殺人事件を陪審員が議論する ただそれだけで派手なアクションもギミックもCGもない 素晴らしい脚本と演者さんの技量があればお金や時間をかけなくてもよい映画作れる見本 100分ほどの映画だが引き込まれてあっという間だった
素晴らしいね 何もなくただ一室で猟奇的でもない殺人事件を陪審員が議論する ただそれだけで派手なアクションもギミックもCGもない 素晴らしい脚本と演者さんの技量があればお金や時間をかけなくてもよい映画作れる見本 100分ほどの映画だが引き込まれてあっという間だった

ユーザー サムネイル
shin2014年9月20日すごく好き
ひたすらに一つの部屋で陪審員が容疑者の少年を死刑にするか否かを話し合う映画。 ただそれだけなのに引き込まれてしまった。 陪審員なので誰一人名前すら名乗らないのにそれぞれがストーリーを持っていて、印象付けられているのがすごい。
ひたすらに一つの部屋で陪審員が容疑者の少年を死刑にするか否かを話し合う映画。 ただそれだけなのに引き込まれてしまった。 陪審員なので誰一人名前すら名乗らないのにそれぞれがストーリーを持っていて、印象付けられているのがすごい。

ユーザー サムネイル
ダンケ先生2014年8月24日すごく好き
主人公一人が反対する始まりがおもろい!
主人公一人が反対する始まりがおもろい!

ユーザー サムネイル
Yuka Funayama2014年8月18日すごく好き
ただ12人の男の人が『有罪か無罪』か話し合うだけのストーリーだけど、引き込まれる楽しさでした!!
ただ12人の男の人が『有罪か無罪』か話し合うだけのストーリーだけど、引き込まれる楽しさでした!!

ユーザー サムネイル
Kadowaki Yuichiro2014年7月27日すごく好き
モノクロ映画ですがとても味わい深い映画でした。民主主義の素晴らしさを歌った映画でしょうか?役者さんたちの演技に引き込まれます。 教材としても利用されそうな映画、オススメです。
モノクロ映画ですがとても味わい深い映画でした。民主主義の素晴らしさを歌った映画でしょうか?役者さんたちの演技に引き込まれます。 教材としても利用されそうな映画、オススメです。

ユーザー サムネイル
MIKI2014年7月10日好き
12人目のNot guilty決めたオッチャンにくめない
12人目のNot guilty決めたオッチャンにくめない

ユーザー サムネイル
yamahei2014年7月4日すごく好き
傑作って、こういう映画のことを言うんだと思う。 役者、脚本、演出。 この3つの要素が持つ可能性を最大限に引き出した作品だと思う。 そして、その可能性は無限だということを感じさせてくれる映画でもある。 なんか仰々しいことばっか書いちゃってるけど、とりあえずすごいんだってば。
傑作って、こういう映画のことを言うんだと思う。 役者、脚本、演出。 この3つの要素が持つ可能性を最大限に引き出した作品だと思う。 そして、その可能性は無限だということを感じさせてくれる映画でもある。 なんか仰々しいことばっか書いちゃってるけど、とりあえずすごいんだってば。

感想・評価をもっと見る

『十二人の怒れる男』はNetflixやAmazon プライム・ビデオで配信している?

動画配信サービス
配信状況
Netflix
Netflix
配信なし
Amazon プライム・ビデオ
Amazon プライム・ビデオ
見放題で配信中
『十二人の怒れる男』の動画は、現在Amazon プライム・ビデオでは見放題で配信中です。Netflixでは残念ながら配信していません。
『十二人の怒れる男』の動画を今すぐ観られるおすすめのサービスはAmazon プライム・ビデオです。Amazon プライム・ビデオなら初回登録時は30日間無料トライアルがあるので、期間中は無料で見放題作品のフル動画を視聴することが出来ます。
本日から7月22日まで無料!
無料
Amazon プライム・ビデオ
今すぐAmazon プライム・ビデオで観る

『十二人の怒れる男』の動画を無料で配信中のサブスクの詳細

Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオでは無料で見放題配信中

Amazon プライム・ビデオでは『十二人の怒れる男』を見放題配信中です。
初回登録の場合はトライアル期間が設けられているため、30日間は無料で『十二人の怒れる男』の動画を視聴することができます。

Amazon プライム・ビデオとは

月額料金

500円(税込)

無料期間

30日間

見放題作品数

-
Amazon プライム・ビデオでは映画やドラマ、アニメ、さらにはバラエティなど、幅広いジャンルの動画が楽しめます。ここでしか観られないオリジナル作品が数多いのも魅力のひとつです。王道の作品なども数多く配信されているため、映画やドラマ好きの人は登録して損はありません!

Amazon プライム・ビデオの配信ラインナップの特徴

Amazon プライム・ビデオでは「バチェラー」シリーズをはじめとするAmazonオリジナル作品に加えて、洋画や邦画、アニメの劇場版など高い人気を誇る作品が数多く配信されているところが特徴。独占配信されている作品も比較的多く、映画好きを中心に注目を集めています。
特にこのジャンルに強い!というものはありませんが、まんべんなく色々な作品を楽しみたい人であればマッチするサービスでしょう。

Amazon プライム・ビデオの料金と無料トライアル

料金は月額500円(税込)の月間プランと年額4,900円(税込)の年間プランから選択可能。また月額250円(税込)の学生向けプランも用意されており、気軽に利用できる料金なのが魅力的です。
はじめて登録する場合は30日間の無料トライアルを体験でき、期間内には本会員と同じく、見放題作品を好きなだけ視聴したり追加料金を支払ってレンタル作品を楽しめます。

Amazon プライム・ビデオのその他の特徴

Amazon プライム・ビデオのその他の特徴としては、動画を楽しめるだけでなく通販のお急ぎ便やAmazon Music Primeなどの利用も出来ることが挙げられます。そのため、普段からAmazonの通販サービスをよく利用する人や音楽を聴く機会が多い人であればよりお得に本サービスを利用できるでしょう。
本日から7月22日まで無料!
無料
Amazon プライム・ビデオ
今すぐAmazon プライム・ビデオで観る
見放題
視聴する
TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCASでは無料でレンタル配信中

TSUTAYA DISCASでは『十二人の怒れる男』をレンタル配信中です。
初回登録の場合はトライアル期間が設けられているため、30日間は無料で『十二人の怒れる男』の動画を視聴することができます。

TSUTAYA DISCASとは

月額料金

2,052円(税込)

無料期間

30日間

見放題作品数

-
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)はお店に行かずにDVDやCDを借りることができる宅配レンタルサービスです。DVD化している作品の多くが揃っているので、配信サービスで未配信の作品も視聴可能なのが嬉しいポイント。

TSUTAYA DISCASの配信ラインナップの特徴

TSUTAYA DISCASは動画配信サービスではありませんが、映画やドラマ、アニメ、さらにはバラエティなど、あらゆる映像作品をDVDで楽しめます。
取り扱うタイトル数はDVD宅配サービスの中でも最大級で、動画配信サービスでは取り扱いの少ない旧ジャニーズ出演作やジブリ作品もラインナップされています!旧作はもちろんのこと、新作も続々と追加されています。

TSUTAYA DISCASの料金と無料トライアル

本サービスの定額プランは「定額4プラン」と「定額8プラン」の2種類です。 それぞれ新作や準新作が4枚/8枚までの上限付きですが、「定額8プラン」ならまだまだ話題作・旧作は何枚でも借り放題で楽しめます。
それぞれ14日間、30日間の無料トライアル期間があり、期間中は本会員とほぼ同様のサービスを体験できますが、新作のみレンタルの対象外となるので注意しておきましょう。

TSUTAYA DISCASのその他の特徴

レンタル方法は非常に簡単。好きな作品を登録しておくだけで、自宅にDVDが届きます。返却時もポストに入れるだけ!さらに、送料や返却期限もありません。ただし、1度の配送でレンタルできるのは2枚までで、返却後に次のDVDが発送されます。
本日から7月22日まで無料!
無料
TSUTAYA DISCAS
今すぐTSUTAYA DISCASで観る
TSUTAYA DISCAS登録方法
  1. TSUTAYA DISCASの登録ページを開く
  2. お支払い方法を選択する
  3. サービス利用規約と個人情報の取り扱いに同意する
  4. 登録完了
  1. 「30日間無料でお試し」を選択する
    register-1
    ※ここから登録できるのは「定額8プラン」です。 別のプランを利用したい人は「各種プランはこちら」へ進み、プランを選択してください。
  2. 氏名、メールアドレス、ログイン用パスワード、生年月日、電話番号を入力する
    register-2
  3. お支払い方法を選択する
    register-3
  4. サービス利用規約と個人情報の取り扱いを読み、 「サービス利用規約と個人情報の取り扱いに同意する」にチェックを入れ、「次へ」を選ぶ
    register-4
  5. 登録内容やプランに問題が無いかを確認して「登録する」を選択
  6. 「登録が完了しました」と表示が出たら登録完了
TSUTAYA DISCAS解約方法
  1. TSUTAYA DISCASのログインページからログインする
  2. マイページのメニュー一覧から「サービス解除申請」を選択
  3. 確認事項にチェックを入れ、申請を完了する
  4. 解約完了
  1. 右上の「マイメニュー」を開き「登録情報の確認」を選択する
    cancel-1
  2. 「メニュー一覧」を選択する
    cancel-2
  3. 「サービス解除申請」を選択する
    cancel-3
  4. 確認事項が表示されるので、確認をしてチェックを入れ、「次へ」を選択
    cancel-4
  5. 任意でアンケートを記入し「申請を完了する」を選択
    cancel-5
  6. 登録メールアドレスにメールが届いたら解約完了
レンタル
視聴する
ビデオマーケット

ビデオマーケット

ビデオマーケットでは無料でレンタルまたは購入配信中

ビデオマーケットでは『十二人の怒れる男』をレンタルまたは購入配信中です。
初回登録の場合はトライアル期間が設けられているため、初月は無料で『十二人の怒れる男』の動画を視聴することができます。

ビデオマーケットとは

月額料金

550円(税込)

無料期間

初月

見放題作品数

4万本以上
ビデオマーケットは24万本以上という豊富な作品ラインナップが魅力の動画配信サービスです。
最新作の取り扱いが多く、他のサービスではまだ解禁されていない作品を楽しむことができます。そのため、いち早く新しい作品を視聴したい人には特におすすめのサービスです。

ビデオマーケットの配信ラインナップの特徴

ビデオマーケットの配信作品数はなんと24万本以上。王道の映画やドラマ、アニメはもちろんのこと、パチスロや麻雀、旅行・グルメなど、ほかの動画配信サービスでは見られないようなジャンルの動画も幅広く取り扱っているところが特徴です。
見放題ではないものの劇場公開後の最新作もいち早く配信されるので、劇場で見逃した作品をすぐに観たい場合にはおすすめのサービスとなっています。

ビデオマーケットの料金と無料トライアル

ビデオマーケットのプランは、都度レンタル・購入型の月額550円(税込)のプレミアムコース、見放題作品も備わっている月額1,078円(税込)のプレミアム&見放題コースの2種類があります。
基本的に毎月付与されるポイントを利用して視聴するスタイルで、見放題作品は4万本以上と比較的少なめです。
初回登録時には最大1ヶ月の無料期間があり、本会員と同様のサービスを楽しめます。しかし期間は登録した月の月末となっており、登録した日から1ヶ月ではないので注意しておきましょう。

ビデオマーケットのその他の特徴

ビデオマーケットのその他の特徴として挙げられるのは、ほかのサービスに比べて高い画質で作品を楽しめるところ。フルHD画質に加え、一部の作品は4K対応しているため、さまざまな作品を臨場感たっぷりで視聴可能です。
本日から7月1日まで無料!
無料
ビデオマーケット
今すぐビデオマーケットで観る
レンタル
購入
視聴する

『十二人の怒れる男』をDailymotionやYouTube , bilibiliなどで視聴するのはやめよう

もしDailymotionやYouTube、bilibiliなどの動画共有サービスで『十二人の怒れる男』がアップロードされていたとしても、視聴するのはやめましょう。まず、違法にアップロードされたのものと知りながらダウンロードをすることは違法です。 また、その映像が有償のものと知りながらダウンロードした場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)が課せられます。さらに、ウイルス感染するリスクもあるため、正規の動画配信サービスを利用した方が良いでしょう。無料のお試し期間を設けている動画配信サービスもあるので、その期間を利用して視聴するのが1番安全でお得です。参考 : 「ちょっと待って!そのダウンロード、違法かも?」(文化庁作成)
AD

動画配信サービスを詳しく解説

各サービスの気になるポイントを解説